【帰って来たヨッパライ…ザ・フォーク・クルセダーズ誕生秘話】

1960年代後半、
ザ・フォーク・クルセダーズという3人組の音楽グループが、一世を風靡しました。
ザ・フォーク・クルセダーズは、1965年、加藤和彦が、雑誌で音楽仲間を募った際に、北山修がその呼び掛けに応じて、
北山の妹の自転車に乗って、加藤の自宅を訪ねた事が、その誕生のキッカケになりました。

当時、大学生だった加藤と北山の二人は、忽ち意気投合し、
やがて、他の学生音楽仲間の三人も加えて、5人組でグループを結成しました。

ザ・フォーク・クルセダーズは、アマチュアとして活動していましたが、1967年、その活動を終え、解散する事になります。
その解散を記念して、彼らが自主制作した『ハレンチ』というアルバムの中に、『帰ってきたヨッパライ』という、一風変わった曲が入っていました。
『帰ってきたヨッパライ』は、テープの、早回しのような、所謂ケロケロ声の歌で、東北弁の「オラ」という主人公が、
飲酒運転による事故で亡くなってしまい、天国に行った後、天国でも、やっぱりお酒ばかり飲んでしまい、神様に説教され、
天国を追い出された後、めでたく生き返る…という内容のコミック・ソングです。

お酒が大好きな「オラ」が、飲酒運転の事故で亡くなってしまったのに、天国でも、飲めや歌えの、お酒三昧で、
神様に呆れられて、追い出されてしまうという、人間の業のようなものを、面白おかしく歌っていて、一度聞いたら、忘れられないインパクトが有ります。
ちなみに、『帰ってきたヨッパライ』は、北山が、妹が勉強用で買っていた、学習教材用のテープレコーダーを使い、
メトロノームを使って、ギターを弾きながら、超スローなテンポで歌って録音したものを、後で早回しで再生し、あのケロケロ声の歌にした、との事です。

この『帰ってきたヨッパライ』は、ラジオで放送されたのを機に、何と、後にミリオンセラーとなる大ヒットをしてしまいました。
それを機に、加藤、北山と、アマチュア時代に活動していた三人が脱退した後に。はしだのりひが加入した三人組として、ザ・フォーク・クルセダーズはプロデビューしました。

ザ・フォーク・クルセダーズは、彼らの学生時代の終わりの一年間限定としてしか、プロでは活動しませんでしたが、
彼らの活動は鮮烈な印象を残し、今でも伝説のグループとして、語り継がれています。

甘いシャンパンが進化して辛口に?

もうだいぶ前の話になるのですが、沈没した船から19世紀のシャンパン が発見されたそうですね。記事には暗い海底は素晴らしい貯蔵庫だった書かれていて、貯蔵? と驚きました。
それによると当時のシャンパンは今よりもかなり甘い物だったのだとか。私がとっさに思ったのは、保存のためかなということです。

発想の源は日本のおせち料理。日持ちするようにあえて甘く作られているのだと聞いたことがあります。しかし私の想像など、しっかりとした根拠があってのことではありません。本当はどうしてだろうと調べてみれば、その時代のシャンパンはもともと、デザートワインとして飲まれることが多かったのだとか。
高い糖度とアルコール度数を求められるデザートワインの代わりとなれば、今の三倍にもあたる甘さにも納得がいきます。

シャンパンが作られた経緯は、フランスの修道院の……という話で有名です。しかしその後の歴史について、私はほとんど知りませんでした。
最初は甘口として作られていたものの、その後は他のワインを含め嗜好は辛口へ。それに合わせて辛口シャンパンをつくるようになったら、それがまた世界で人気になった……のだそうですね。
なるほど、ワインも時代に合わせて変化しているということですか。今はちょっとお店に行くか、インターネットで検索すれば、いろいろなものが揃いますが、
これも先人の苦労と研究あってこそ。そう考えると、私たちは身を引き締めてワインを味あわないといけませんね。

【イチローと「勝利の美酒」】

イチロー選手といえば、常にクールな印象が有ります。
イチロー選手は、野球のプレーで、多くの人を魅了する一方、マスコミに対するインタビューなどでは、あまり多くを語らず、感情を露にする事が、あまり無いので、
見る人に、イチロー選手はクールだという印象を与えている、という事も言えるでしょう。
しかし、そんなイチロー選手も、時として、感情を爆発させる事が有ります。
それは、彼の所属するチームが、優勝した時…祝勝会で、思いっきり勝利の美酒を味わう時、イチロー選手は、誰よりも大喜びし、思いっきり、歓喜に浸っていました。

イチロー選手が日本時代に所属していたのはオリックスでしたが、1995年、1月に発生した阪神大震災を乗り越え、
「がんばろう神戸」というスローガンを掲げ、オリックスが見事に優勝を果たした時、祝勝会のビールかけの際に、イチロー選手は、とにかく大はしゃぎで、
仲間達と、勝利の美酒に酔っていたのです。
それまで、イチロー選手のクールな姿しか知らなかった、多くのファン達は、祝勝会でのイチローの姿に驚くと共に、新鮮な印象を受けたものです。

オリックスは、翌1996年も優勝、日本一の座にも就き、その時もイチロー選手は、思う存分、勝利の美酒に酔いました。
その後、イチロー選手はアメリカ大リーグに活躍の舞台を移しましたが、彼が所属したシアトル・マリナーズは、イチローが移籍した初年度(2001年)こそ、地区優勝を果たしたものの、
その後はなかなか勝てず、低迷してしまいます。
そして、いつしかイチロー選手は、やはり、大リーグの舞台でも、クールで淡々としているという印象を残すようになっていました。
そんなイチロー選手が、感情を爆発させる姿を見せ、再び、人々を驚かせたのが、WBCの日本代表として、プレーした時です。
イチロー選手は、普段のクールな仮面をかなぐり捨て、チームリーダーとして、熱く侍ジャパンのメンバー達を鼓舞し、
そして、第1回(2006年)、第2回(2009年)の、侍ジャパンのWBC連覇に大きく貢献しました。
また、その祝勝会でも、イチロー選手は、勝利の美酒に酔い、大喜びしていたものです。
イチロー選手は、本当はクールなんかじゃなく、熱い魂を持った男だなあと感じさせる、勝利の美酒を味わうイチロー選手の姿が、私は、事の外、大好きなのです。

【カラコンについて】

ボシュロム ナチュレール 通販の価格、激安、最安値段サイト集
芸能人といえばカラコン(カラーコンタクト)、
カラコンといえば芸能人、というぐらい、
芸能人とカラコンとは、切っても切れない関係にあります。
特に、イメージを大切にする、女優やモデルなどの女性芸能人は、
好んでカラコンを使用している人が多いようです。
そこで、カラコンを使用している女性芸能人と、その女性芸能人が使用しているカラコンについて、いくつか、ご紹介して行きたいと思います。
まず、9頭身という、芸能界でも屈指の、
抜群のプロポーションを誇る菜々緒さんは、
ヴィクトリアワンデーという、ナチュラル系のカラコンを使用しています。
菜々緒さんは、純日本人でありながら、
ハーフのような顔立ちをしていますが、
その顔立ちには、ナチュラル系のカラコンが、とてもよく似合っています。
次に、女優の北川景子さんが使用しているのが、
アイコフレワンデーUVというカラコンです。
アイコフレワンデーUVは、北川景子さん自身が、イメージ・キャラクターを務めていますが、
このアイコフレワンデーUVには、
その名前の通り、UVカット機能が有り、
また、アイコフレワンデーUVはインナーカラー構造という、
カラコン内部に着色する技術を用いているため、
瞳や裏まぶたといった、直接触れる部分には、カラーや柄がプリントがされていないとの事。
これなら、安心して使用する事が出来ます。
その他、女性芸能人自身がイメージ・キャラクターを務めているカラコンとしては、
例えば、AKB48の小嶋陽菜のキスモア・ワンデー、
板野友美のキャンディー・マジック、
倖田來未のラヴェール・ワンデー、
といった製品が挙げられますが、
それぞれ、自分の容姿を、より引き立てるようなカラコンを使用しており、
彼女達は、セルフプロデュースの一環として、それらのカラコンを使用しているのが、よくわかります。
また、カラコンはセルフプロデュースのために使用するのは勿論、
最近の製品は、機能性にも優れていますので、
カラコンは、日進月歩で、着々と進歩して行っていると言っても良いでしょう。
というわけで、皆さんも、
まずは自分の好きな芸能人のカラコンという観点で製品を探し、
その上で、自分にピッタリと合った製品を見付けてみる、というのも良いかと思います。

昔も同じ? シャトー・マルゴー味 の変遷

 シャトー・マルゴーを醸造させる際に使う木製の樽が、全部手作りと聞いて驚いています。一日に三つしかできないそうですが、折り紙すらきっちり折れない私としては、三つもできればすごいと思ってしまいますね。だってあんな価値あるワインを入れるものならば、相当の取り決めがあり技術だって必要なはずです。
 そこではたと気付きました。確かに今は、シャトー・マルゴーは手作りの樽に入れられて、気温や湿度の安定した場所で醸造されます。しかしワインを作り始めた当初は、どうやって保管していたのかしら。フランスは日本の夏よりは涼しいと聞くけれど、一応四季はありますものね。日本の氷室のように、特別なところを使っていたとか、それともそんなことは関係なく 、屋内だったとか……大昔ワインや砂糖菓子などを作るのは修道院が担っていたといいますから、おそらくは普通の場所だったとは想像しますが。
 そう考えると、シャトー・マルゴーも、今と昔では味もまるで違うのかもしれませんね。とはいっても、「じゃあ醸造○年後のものを比較してみよう」と言ったところで、当然当時を生きている人は既に亡く、味を覚えている人がいないのでは、比べることはできません。それに今こうして語っていることは、ただの素人考え、私の想像です。
 歴史上の有名な方が褒めたたえ、革命や戦乱を乗り越えてここまで愛されてきたシャトー・マルゴーーです。愛好家の方に馬鹿らしいことを言うなと怒られてしまいそうなので、口をつぐみましょう。