ワインの魅力について

ワインに詳しくなると、ついつい、人に語りたくなり、そして、更にワインについて、深く知りたくなる。
ワインには、そんな不思議な魅力があります。ワインとは、人を饒舌にさせるお酒である、という事が言えるかもしれません。
ワインについて語る、と言っても、いきなり、ソムリエ並みに詳しくなるのは、難しいと思いますので、まずは、テースティングといって、
色々なワインを飲み比べて、ワインの味わいを楽しむ、という所から始めるのが、ワイン通への第一歩、と言えるのではないでしょうか。
そして、自分の好みのワインの味を、自分で見つけて行く、という楽しみも生まれます。
そうやって、ワインの味について、自分の言葉で語る事が出来るようになれば、ますます、ワインを好きになるでしょう。
そして、これまた非常に大事なのは、食事に合ったワインを飲むと、ワインの美味しさは、より引き立つ、という事です。
逆に、食事に合わないワインを飲んでも、せっかくのワインの味わいは、台無しになってしまいかねません。
そう言った意味でも、ワインの味に詳しくなっておくと、より一層、ワインを楽しむ事が出来ます。
そして、何よりも大切なのは、大事なお友達と一緒に飲むワインこそ、最高に美味しい、という事なのです。
どんな高級ワインも、一人で飲んでは、その美味しさは半減してしまうでしょう。
美味しい食事と共に、大事な人と一緒に、じっくりと味わい、楽しく語らいながら飲むワインこそ、
最高に美味しいという事を、何よりもお伝えしたいと思います。

ワインとチョコの相性

バレンタインデーが近づき、どこのお店に行ってもチョコが目に入るようになりました。そんな中で、ワインと一緒にチョコを売っているお店があったので少し気になったのですが、ワインとチョコの相性は良いのでしょうか。あまり一緒になるイメージが湧かなかったので調べてみた処、チョコやワインによって相性も変わってくるようです。
例えば甘いミルクチョコと酸味の強いワインは相性が悪く、お互いの良さが無くなってしまいます。逆に甘味がありコクのあるワインとミルクチョコだとお互いの良い点が合わさり美味しくいただけるようです。
ビターチョコとの相性が良いワインもあるそうで、てんとう虫の形をしたビターチョコと一緒にワインを販売しているセットもありました。こういったセット商品はアマゾンで調べていたのですが、その中にひときわ目立つ存在がありました。
ヴィノカカオノワールという、チョコワインがありました。値段もそこまで高い物ではないのですが、とても高評価を得ている商品のようです。飲むごとに口の中にカカオの香りが広がり、大人の高級スイーツのようだと称されています。他にも、ワインではありませんがチョコビールなど、一見黒ビールにしか見えない商品も特集が組まれ宣伝されていました。アルコールとチョコの組み合わせはリキュールなども含め多くあるそうです。中にはゴディバがだしているチョコレートリキュールもありました。
バレンタインに向け、何か考えている人達は一風変わったアルコールとチョコの組み合わせをプレゼントしてみては如何でしょうか。

ボルドーワインの基礎知識

ワインといえばフランス、フランスといえばワインそのように、フランスとワインとは密接に結び付いています。
そのフランスの中でも、特にワインの名産地として知られているのが、ボルドーです。ここでは、ボルドーワインの基本的な知識について、ご紹介します。

ボルドーは、フランスの南西部に位置している都市です。フランスには、ワインを格付けする独自の法律が存在していますが、ボルドーワインには独自の格付けが存在しています。
ごく簡単に言うと、「広い地域名の付くワインは格付けが低く、狭い地区名の付くワインは格付けが高い」というのが、ボルドーワインの特徴です。例えば、ワインのラベルに「ボルドー」とだけ書いてあったら、値段もお手頃で大衆向けのワイン、という事がわかります。そして、「シャトー・○○」という言葉が有りますが、この「シャトー」とは、ワインを醸造する私有地の事を言います。

ボルドーワインは、地域<地区<村名の順番で、格付けが上がって行きますが、ボルドーの中の地区名である、メドック地区の名を冠した、「シャトー・メドック」であれば、メドック地区のシャトーで醸造されたワイン、ですね。
そして、ボルドー産のワインの中でも、最高級なのは、村名を冠したワインで、「シャトー・マルゴー」というのも、最高級のワインとして知られています。
その他、細かく見れば、いくらでも語れるぐらい奥が深いのがボルドーワインですが、まずは上記のポイントをしっかり抑えておけば、意外と簡単、かもしれませんね。

有名ワイン、ボジョレーヌーボーを楽しむ

ボジョレーの季節がやってきました。今年の解禁日は11月21日となり、さっそくお店やコンビニでも取り扱いが始まっています。
いきなり余談ですが、ボジョレーの解禁日はフランスのワイン法でしっかりと定められていて、それ以前に売ることは禁止させています。理由としては昔早く出して儲けようと考えた人たちが完成していないボジョレーを販売したことらしいです。
しっかりと完成した物を飲んでもらうため、法律で定めるというワインへのこだわりを感じますよね。
そんなこだわりあるボジョレーを楽しむために、美味しい飲み方、つまみなどについて調べてみました。
まず、冷やす時間ですが大体冷蔵庫で一時間冷やすのが良いそうです。食事の準備と一緒に冷蔵庫に入れればちょうど良いかもしれませんね。
そして、一緒に食べると良い物については以外な料理が挙がりました。赤ワインといえば肉料理、というのが碇石ですがボジョレーに関しては和食との組み合わせも良いそうです。また、魚との相性も良いらしく、エビやイカなど、つまみにちょうど良い魚介類との組み合わせがあります。
チーズはクリーミーな物が良く、簡単に手に入るクリームチーズとの組み合わせが良いのではないでしょうか。
ボジョレーは安い物であれば1000円以内で買うことできます。その年にとれたブドウで造られているため、渋みや苦みも少ないボジョレーは普段ワインが飲めないという人でも飲めるかもしれません。是非、試しに一本買ってみて飲んでみてください。以外とワインが好きになれるかもしれません。

お得な特報: クーパービジョンのワンデーアクエアシリーズ通販特集

通販では買えないはずのクーパービジョン製ワンデーアクエアシリーズのコンタクトレンズが国内通販で安く買えちゃう耳よりな情報です!ワインファンも読んでね・・・

こちらをクリック >>> ワンデーアクエアシリーズ通販特集 
こちらをクリック >>> 眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

特派員 徳子の一押し通販情報ブログ
私はかねてよりコンタクトレンズは、ジョンソン&ジョンソンのワンデーアキュビューモイストを使用していました。しかし、最近、日中、営業で外まわりの滞在時間が長い日や、ダイエットをかねて、同僚と週末テニスコートをレンタルして部活動なみに激しく動きまわった時など、コンタクトの乾燥が気になりだしました。まばたきの回数が多くなったり、涙目になったりと目の不調が続く事があったので、気になり、行きつけの眼科でみてもらったら特に目の異常はないが乾燥が気になるのならクーパービジョンワンデーアクエアプロシーを一度試してみてはどうかと薦められ、お試し用を使用する事に。つけごこちはワンデーアキュビューモイストとさほど変わりはないような・・・。しかし、あきらかに違うのは、長時間つけていても、外でふきざらしの風のなか歩いたり、テニスをしても、目が乾燥せずうるおっているのです!さすが眼科で推奨している?だけはあるのでしょうか、直観でこれは良いかも!使用してみようと思いました。
そもそもクーパービジョンというメーカーはあまり聞いた事がありませんよね。私も初めてでした。テレビのCMでも見たこともありませんし、他の広告でも目にした事はありません。ここの企業体制で広告費にお金をかけるより商品開発にお金をかけるということのようです。
一日使い捨てタイプのものならワンデーアクエアエボリュ―ションワンデーアクエアプロシーワンデーアクエアトーリックワンデーアクエアなどがあります。
どの商品も初めて使用した方のリピーター率が半端ない上に返品なども少なく使用感満足度が高い事がうかがえます。私もその一人であるのですが、ジョンソン&ジョンソンの商品などは、通販でお得に購入していたのですが、クーパービジョンの商品ってなかなか通販で扱っているところが少ないんですよね。忙しい日々、インターネット通販で商品を購入する事に慣れてしまった者には、いささか困った問題なのです。
そこであれこれインターネットを駆使した結果、すごく良いおすすめのサイトを見つけました!いろんなコンタクトレンズ通販の情報や目の健康についてなど書かれてあったりと読んでみるとおもしろかったですよ。
なによりクーパービジョンの商品を通販で購入したい方は必見かもです。参考までに、上にサイトのリンク貼っておきました。