【ジョゼフィーヌとボルドー・ワイン】

かつて、ヨーロッパ大陸のほぼ全土を制圧した、
フランスが生んだ英雄である、皇帝ナポレオンは、
ワインがとても好きだったそうですが、
実は、ナポレオンの妃である、
皇后ジョゼフィーヌも、大のワイン好きだったそうです。
しかも、ジョゼフィーヌは、
ボルドー・ワインに高い評価を与えた先駆者である、という説が有るようなのです。
ジョゼフィーヌは、1796年、
まだ下士官であったナポレオンと出会い、結婚しますが、
そのナポレオンは、ジョゼフィーヌと結婚した途端に、一気に上昇気流に乗り、
イタリア遠征での連戦連勝を機に、「常勝将軍」の異名を取り、フランスきっての英雄となって行きました。
そして、1804年には、遂にフランス皇帝の座にまで登り詰めたのですが、
その間、妻として、ナポレオンと二人三脚で走り続けたのが、ジョゼフィーヌでした。
しかし、1809年、跡継ぎの子が生まれない事を理由に、ジョゼフィーヌはナポレオンに離婚を告げられてしまいます。
その後、ジョゼフィーヌは1814年に亡くなるまで、
パリ郊外のマルメゾンの館で余生を過ごしましたが、
ジョゼフィーヌの没後、
そのマルメゾンの館で、ジョゼフィーヌが、
ボルドー・ワインを大量に保有していた事が、明らかになりました。
当時、フランスの社交界では、
パリに近い、ブルゴーニュ産のワインが主流であり、
ボルドー・ワインは、それほど飲まれていたわけではありませんでした。
ボルドー・ワインが評価されるようになったのは、1855年頃、ナポレオン3世の時代に、ボルドー・ワインの格付けが始まった頃ですから、
ジョゼフィーヌは、それに先立つ事、40年も前に、ボルドー・ワインに着目していたという事になります。
世界初のバラ園を造った事でも知られているジョゼフィーヌですが、
その先見の明は、素晴らしいものがありました。
流石は、希代の英雄ナポレオンの妻になる事なだけはありますね。

【「うんちく○○」シリーズの、ワイン編を望む!】

現在、
「うんちく○○」シリーズという、
漫画が刊行されているのを、
ご存知でしょうか?
これは、あるテーマに沿って、
そのテーマに関する、うんちくが、
一冊丸ごと語られて行く、
という漫画なのですが、
これまで、
『うんちく居酒屋』『うんちく鉄道』『うんちくプロ野球』
といった作品が、刊行されています。
しかし、2014年9月現在、
『うんちくワイン』
という作品は、何故だか、
まだ刊行されておりません。
ワインほど、うんちくを語るのに、
格好な素材は、無いと思うのですが…。
ちなみに、この『うんちく○○』シリーズには、
雲竹(うんちく)雄三という、
共通の主人公が居ます。
これは、ソフト帽を目深に被り、
トレンチコートを着た、謎の男・雲竹雄三が、
どこからともなく現れ、滔々とうんちくを語り、
そして、またどこかへ去って行く、
という黄金パターンが有り、
このシリーズでは、
基本的には、そのパターンが踏襲されています。
雲竹雄三は、
どんな場所にも現れ、
そして、うんちくを好き勝手に、
言うだけ言って去ってしまうという、
わけのわからないキャラクターなのですが、
それが何とも言えず、
馬鹿馬鹿しくも、おかしくて、
思わず、笑ってしまいます。
この、うんちくシリーズ、
是非とも、ワイン編を付け加えて頂きたいと、
私は思っておりますが、
雲竹雄三が、ワインについて、好き勝手に、
うんちくを語っている場面を想像するだけで、
とてもワクワクします。
どうか、一日も早い、
『うんちくワイン』
の刊行を望みます!
本当に、ワインほど、
うんちくに向いている素材は無い、
というのは、誰しもが認める所でしょう。
そして、今日もどこかで、
街の雲竹雄三(?)が、
ワインについてのうんちくを、
語っているに違いないのです。

ドンペリエノテークのすべてがわかる凄いサイト!!

サイトはこちら>>> ドンペリ エノテーク 通販の価格、当たり年、最安値段サイト集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【ドンペリエノテークについて】
ドンペリといえば、
高いお酒、高いワインの代名詞とも言うべき存在ですが、
そのドンペリにも、色々な種類が存在しています。
例えば、ドンペリエノテークというのも、その一つです。
ドンペリエノテークは、
高級ワインである、ドンペリの中でも、
より一層、手間隙かけて作られたワインです。
では、一体、ドンペリエノテークは、どれぐらい手間隙かけて作られているのかと言いますと…。
まず、ドンペリエノテークは、
普通のドンペリよりも、更なる熟成期間が長く、じっくり寝かせて作られたワインなのですが、
その熟成期間は、15年程と言われています。
それだけ、しっかりと熟成されているので、ドンペリエノテークは、
普通のドンペリよりも、味わい深いと言われています。
そして、ドンペリエノテークは、プレニテュードという、二度目の熟成の段階を迎えた物のみが出荷されるのですが、
じっくりと熟成された上に、更にもう一段階、熟成させるという念の入れようなので、
本当に心を込めて、丁寧に作られているドンペリである、という事が言えるのではないでしょうか。
これだけ、じっくりと熟成され、
精魂込めて、丁寧に作られている、ドンペリエノテークですが、
お値段は、大体、1本20000円台後半ほどです。
ちょっと値は張りますが、
それだけ、飲んでみる価値は有るかと思います。
という事で、ドンペリといえば、
「あー、あの高いワインね」
というぐらいの事しか知らないという方でも、
ドンペリエノテーク=じっくり熟成させたドンペリ
という事を抑えておけば、
ちょっと通ぶれるかもしれませんよ!?

シード ワンデーピュアうるおいプラスはこのサイトで買う!!

サイトはこちらから>>> シード ワンデーピュアうるおいプラス 通販の価格、激安、最安値段サイト集
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

【シードワンデーピュアについ て】
シードワンデーピュアという、
1日使い捨てタイプの、ソフトコンタクトレンズが有りますが、
シードワンデーピュアといえば、
コンタクト愛用者であれば、
誰しもが知っている、と言っても過言ではない、超人気製品が、
シードワンデーピュアうるおいプラス、
という製品です。
シードワンデーピュアうるおいプラスは、
その名の通り、
1日中、瞳にピュアなうるおいを保つという、そんな可能性を実現させている製品なのですが、
シードワンデーピュアうるおいプラスの製品の特徴としては、
紫外線を通さない、UVカット型のコンタクトである、という事と、
うるおい成分と、両性イオン素材を使用した、乾燥に強いコンタクトである、
という事が、挙げられると思います。
また、私が初めてソフトコンタクトレンズを使用した際に、とても難儀したのが、
「コンタクトの、表裏がわかりにくい」
という事でしたが、
シードワンデーピュアうるおいプラスは、
コンタクトの裏表がわかりやすくなるように、マークが入っているというのも、
特徴として、挙げられます。
これは、実際、コンタクトのユーザーにとっては、
とても便利で有り難い機能だと、私は思います。
特に、コンタクト初心者にとっては、
とても有り難い機能ではないでしょうか。
そして、値段は1箱2000円台と、とても安く、気軽に買いやすいというのも、
嬉しいところです。
実を言うと、コンタクト初心者だった私が、
コンタクト・ショップの店員さんに勧められて、初めて買ったコンタクトレンズが、
この、シードワンデーピュアうるおいプラスでした。
そういう意味においても、
とても思い入れのある製品なのですが、
実際に使ってみると、確かにとても使いやすく、目もあまり疲れたりしませんでしたし、
本当に使い心地が良かったなあと、思った記憶が有りました。
皆さんにも、是非ともお勧めしたいと思います。

【日本で初めてワインを飲んだのは…織田信長!?】

織田信長といえば、
日本の歴史上においても、特筆すべき人物ですが、 織田信長の、何が凄いのかと言えば、
彼は、既成概念に捉われず、 新しい物の考え方をどんどん取り入れ、 新しい時代を切り開いて行った、という所に、 その真骨頂が有ったのだと思います。
身分の低い出自だった、豊臣秀吉を取り立て、 その秀吉だけでなく、有能な人材は、どんどん登用して行く姿勢や、
安土城の城下町で、それまでの常識を覆すような、 楽市・楽座という、商業振興策を取り入れ た事など、
それまでの常識では考えられないような事を、 次々にやってのけた、信長という人物は、 あの時代においては、傑出した「新し物好 き」でもありました。
当時、日本に渡来していて、 信長に謁見した、ポルトガル人の宣教師、 ルイス・フロイスからも、 その先進性を、激賞されています。
信長は、彼ら、異国の地からやって来た宣 教師達から、 積極的に、当時の海外事情を仕入れ、その目を、 海外へと向けていましたが、
一説によると、信長は、日本で初めて、ワインを飲んだ人物である、 という説が、まことしやかに囁かれているようです。
何しろ、既成概念に捉われない信長の事ですから、 それまでの日本人が、見た事も聞いた事も なかった、ワインという南蛮渡来の飲み物 を、飲んでいたとしても不思議ではありませんが、
「日本で初めてワインを飲んだ」かどうかはともかく、 信長が、ワインを口にした、という事は、 記録にも残っているそうです。
そして、この時に信長が飲んだのは、 ポルトガル産の、甘口のワインだったのだとか。
日本を代表する、型破りの風雲児であった、織田信長が、 ワインを嗜んでいた、という事を思うと、 何だか、とても面白いなあと、私は思いました。