【日本で初めてワインを飲んだのは…織田信長!?】

織田信長といえば、
日本の歴史上においても、特筆すべき人物ですが、 織田信長の、何が凄いのかと言えば、
彼は、既成概念に捉われず、 新しい物の考え方をどんどん取り入れ、 新しい時代を切り開いて行った、という所に、 その真骨頂が有ったのだと思います。
身分の低い出自だった、豊臣秀吉を取り立て、 その秀吉だけでなく、有能な人材は、どんどん登用して行く姿勢や、
安土城の城下町で、それまでの常識を覆すような、 楽市・楽座という、商業振興策を取り入れ た事など、
それまでの常識では考えられないような事を、 次々にやってのけた、信長という人物は、 あの時代においては、傑出した「新し物好 き」でもありました。
当時、日本に渡来していて、 信長に謁見した、ポルトガル人の宣教師、 ルイス・フロイスからも、 その先進性を、激賞されています。
信長は、彼ら、異国の地からやって来た宣 教師達から、 積極的に、当時の海外事情を仕入れ、その目を、 海外へと向けていましたが、
一説によると、信長は、日本で初めて、ワインを飲んだ人物である、 という説が、まことしやかに囁かれているようです。
何しろ、既成概念に捉われない信長の事ですから、 それまでの日本人が、見た事も聞いた事も なかった、ワインという南蛮渡来の飲み物 を、飲んでいたとしても不思議ではありませんが、
「日本で初めてワインを飲んだ」かどうかはともかく、 信長が、ワインを口にした、という事は、 記録にも残っているそうです。
そして、この時に信長が飲んだのは、 ポルトガル産の、甘口のワインだったのだとか。
日本を代表する、型破りの風雲児であった、織田信長が、 ワインを嗜んでいた、という事を思うと、 何だか、とても面白いなあと、私は思いました。

神奈川県内でプライベートジムを探している方必見サイト!!

必見サイト>>> 神奈川県 横浜市・川崎市 ライザップとプライベートジム4社のダイエット比較集
博士が教えるサプリメント選びと通販!

【夏場のサプリメントについて】
夏場になると、ついつい、冷たい飲み物を飲み過ぎたり、 かき氷やアイスクリームなどを食べ過ぎたりして、
胃腸を壊してしまう、 というケースが、増えてしまうという人も、 多いのではないかと思います。
夏場は、熱中症もとても怖いのですが、 その一方で、クーラーに当たりすぎたり、 先に述べた通り、冷たい飲み物や食べ物を 摂りすぎたりして、 すっかり体調をおかしくする、という危険 性も有ります。
夏バテによる食欲不振、というのも、 夏場にはよく有る事ではあります。
このように、夏場というのは、 何かと、体調を崩しがちな季節である、 という事が言えるかと思いますが、
その、体調管理が難しい、夏場という季節 の強い味方となるのが、 サプリメントという物です。
勿論、自分に合ったサプリメントを摂る、 という事が、大前提ではありますが、自分に合ったサプリメントを摂る事によって、 胃腸の調子を整えたり、 夏バテをしないように、エネルギーを補ったりする、そのような意識を持って、サプリメントを 摂ると、 暑い暑い夏を、乗り切って行くための準備 が出来るのではないでしょうか。
体調管理にとって、暴飲暴食は大敵ですが、 食欲不振というのも、体調の悪化に直結します。
そこで、サプリメントを摂る事によって、 暑い夏場でも、バランスの良い食生活を続 ける事が出来るようになると、 健康も維持して行きやすいと思います。
このように、夏場の対策について、述べて 来ましたが、 どんな季節においても、バランスの良い食 生活と、 きちんと睡眠を取るという事が、健康管理 にとって大事なのは、 言うまでもありません。
サプリメントが、その一助になれば良いのではないかと、 私は思います。

ソムリエのいるレストラン

一般的にソムリエと言えば、ワインに関しての知識を持ち合わせた人を指すでしょう。十九世紀パリのレストランで、ワインを専門に扱う人が現れたのが発祥らしいです。料理に合うワインを選んでくれたり説明をしてくれたり、給仕をしてくれたりというのが、メインの仕事です。

そんなソムリエの資格は、民間資格です。ちなみにフランスでは国家資格だとか。さすが発祥の地、ワインの宝庫と言ったところでしょうか。

日本の資格には種類があって、それまでに経験などにより、受けられる検定試験が異なります。基本的には飲食店に勤務して、ある程度の経験を積んでからとなるようです。それはそうでしょうね。やはり机上の勉強だけでは身につかないものも多くありますから。

ソムリエのいるレストランに、一度だけ行ったことがあります。そこで給仕をしていた方が資格を持っていたのですが、やはりかっこいいなあと思いました。私は連れて行ってもらっただけで、特にワインについての話をすることはなかったのに、そこに専門家がいるというだけで緊張してしまいました。庶民ですね。ちなみに、男性の場合はソムリエ、女性の場合はソムリエールと呼ぶそうです。

今ワインは日本でも人気ですから、ソムリエの資格を持っている人は多いでしょう。レストランだけではなくお酒を扱うお店にはいらっしゃるかもしれません。もしお会いする機会があったら、今度は勇気を出して、お話を聞いてみたいと思いました。

ワインの保存について考える

先日なんとなくワインを販売しているサイトを見ていたのですが、ふと気付きました。ワインの詳細説明の中に、保存に適した温度の記載があったのです。

今まではお店で購入したものはすぐに飲んでいたので、保存方法など気にしたことはありませんでした。でも考えてみれば、映画やドラマの中には、ワインセラーというものが存在し、ワインを保存しているんですよね。

ワインを保存するためには、細かな管理が必要だと聞きはします。確かにサイトにも適温は細かい記載がありましたから、他のものと一緒に冷蔵庫で、というわけにはいかなそうです。

ワインは、温度が高いと熟成が早くなって味が変わりやすく、低いと熟成が止まっているのだとか。その温度も高くなったり低くなったり、変化があってはいけないようです。そして湿度も大事で、光にも注意が必要。光はワインを劣化させるそうです。さらに振動も駄目なんですね。動かすと熟成が進み、これも劣化を促進するとか……まったく一体どんな深窓の令嬢かと言いたくなります。ここまでこだわりが必要となると、「これは○年物のワインです」とドラマなどで見るシーンが、どれだけの困難を乗り越えてきた末の場面かと、うっかり感動してしまいそうです。

結局、自宅でワインを保存するとしたら、専門の機器が必要ということですね。保存するほど溜め込まないので、我が家には必要ないのですが……。作るのにも保存にも手のかかるワイン、価値があるのは当然ですね。

コンタクトレンズ初心者、愛用者必見のサイトです!

お得情報サイトはこちら>>> 眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

レンズケーズ洗浄のすすめ
コンタクトのレンズケースといえば、どのような物を思い浮かべるでしょうか。私は、左右に二つ、蓋のついた丸いものがつながっているタイプのことしか、考えることができませんでした。そういうものを使っていますし、それで問題もなかったからです。しかし今は、ずいぶんかわいらしいデザインのものがあるんですね。動物の顔、眼鏡、レンズケースがさらにケースに入っているものなどなど。これだったら、コンタクトをしまうのも、楽しい気持ちになれそうです。
さて、このレンズケースですが、コンタクトレンズ同様に、洗浄が必要なことはご存じでしょうか。知っているけどやってない、という人も案外多いかもしれません。でもこれ、 すごく大事なんですよ。なぜって、せっかくきれいにしたコンタクトも、汚れたケースに入れてしまったら、ばい菌が移ってしまうじゃないですか。眼病にかかった理由が、レンズケースから発見されたカビだったということもあるらしいですよ。怖いですよね。
ということで、ケースの方も、定期的に掃除をするようにしましょう。そういうことを知ると、かわいい形よりも、シンプルな形の方が使い勝手がいいかもしれないと、私は思ってしまいます。もちろん根拠などない、なんとなくの気持ちの問題です。
目は常に湿っていますから、雑菌が繁殖しやすい環境だと言われています。レンズもレンズケースも清潔第一、過剰に神経質になることはないですが、意識はしましょうね。