カテゴリー別アーカイブ: 未分類

「シャトー・オー・ブリオン」

医師の転職に役立つサイト>>> 地域のドクターバンクはこちら
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

 

 

世界の名だたるレストランで愛飲されるブロドーの最高峰ワイン、それがシャトー・オー・ブリオンです。シャトーの歴史は16世紀にまでさかのぼります。
1649年にはワイン醸造が始まり、18世紀末に他のボルドーワインに先駆けて瓶での熟成をおこなう手法を実施します。それまで樽熟成が一般的でしたが、画期的な方法によってシャトー・オー・ブリオンの名はヨーロッパ中に知れ渡ることとなりました。

その後、1855年にメドック地区のシャトーから選出されていた格付にグラーブ地区から1級に選ばれるという名誉を与えられました。なお、現在のシャトーは1935年に購入したアメリカの銀行家の子孫がオーナーをしています。

格付に登場するシャトー・オー・ブリオンは赤です。自然酵母による発酵においては徹底した温度管理を行い、発酵後も厳しいタンク管理が20ヶ月続けられます。格付には含まれないものの少量生産の白も人気が高まっており、辛口の味わいは世界中のボルドーワインファンを魅了し続けています。

シャトー・オー・ブリオンの特徴はどこまでもエレガントなその香りです。香りの気高さは5大シャトー中随一といわれるほどです。しかも渋みが抑えられていてやわらかめの味わいなので親しみやすいワインだという評価もされています。

【モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ブリュットについて】

プライベートジムってやっぱり行くべき??>>> 札幌パーソナルトレーニングの料金がわかる一覧
博士が教えるサプリメント選びと通販!

 

モエ・エ・シャンドンというワインは、フランスのシャンパーニュ地方で作られる、所謂、シャンパンというワインのい一種です。
モエ・エ・シャンドンにも様々な種類が有りますが、モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ブリュットは、その中でもとても人気の高い製品です。

ては、モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ブリュットが、何故、人気が高いのかと言えば、
その味わいに非常に特徴が有り、しかも、とても飲みやすいという点にあるのではないかと思われます。

モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ブリュットは、とてもフルーティで、まるで野イチゴのような香りが特徴なのですが、
生き生きとして、ハッキリとした赤果実と、柔らかな口当たりから始まり、それが優しい余韻へと続いていく味わいがあります。

モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ブリュットは、マリネやカルパッチョなどの魚料理から、
ボリューム感のある肉料理まで、多彩なメニューと相性が良く、食事を楽しむのに最適なワインであるというのも特徴です。

また、モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ブリュットは、見た目でも楽しませてくれる、という事も大きな特徴ですが、
色彩の鮮やかなピンク色に泡立つロゼ・シャンパーニュは、見ている人の心を浮き立たせるのに充分だと言えるでしょう。

このように、様々な優れた特徴を持つ、 モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ブリュットを、是非とも、味わって頂ければと思います。

DRCモンラッシェを想像する

ワイン通販で大人気のサイト>>> https://www.ubivina.com/
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

世界最高峰の白ワインと言われている、DRCモンラッシェ。味もさることながら、希少性も高く、私のような一般人には遠い存在です。ワインに何万、何十万、はては百万を超える金額なんて、出せる人はそういませんよね。
瓶に入った見た目は、他のワインと大差ないのにと思いながら、画面上のDRCモンラッシェを眺めています。
そもそも、生産量が少ないと言われるロマネコンティよりもさらに少ない分量しか作られていないというのが、雲の上の存在になる理由のひとつではないでしょうか。
ワインは作ってすぐに飲むものばかりではないですしね……。
ということで、ワインの醸造について調べてみたのですが、まずはぶどうの収獲、それからごみなどを取り除き、ジュースを作って、発酵させる、のですね。
これだけ見てもかなりの手間な気がしますが、DRCの場合は、それをすべて昔ながらの方法で行っているとか。機械を使わず、人の手のみということでしょうか。
それならば、DRCモンラッシェが、いえ、ロマネコンティ社の醸造するすべてのワインが、高価な理由もわかろうというものです。
白ワインの王様、DRCモンラッシェ。飲んだことがなく、今後も縁が薄いと思われるからこそ、夢は広がります。
しかしいくら口にしたことのある人の話を聞いたり読んだりしたとしても、その表現豊かな評価の言葉は、味を生み出しはしません。
文字が味覚に届く魔法でもあれば、この素敵なワインを味わうことができるのですが。残念です。

【ワンデーアイレリアル トーリックについて】

コンタクトレンズ通販専門サイト>>>値段比較サイトを見る値段比較サイトを見る
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

ワンデーアイレリアル トーリックは、コンタクトレンズ・メーカーのアイレが製造・販売を行っている、
1日使い捨てタイプの、乱視用のサークルレンズにして、カラーコンタクトレンズです。
今までにも、乱視用のソフトコンタクトレンズや、ソフトのカラーコンタクトレンズ(サークルレンズ)という物は存在していましたが、
それらは、それぞれ別個の製品でした。

しかし、ワンデーアイレリアル トーリックは、それらを全て一つの製品として集約するという、実に画期的な製品なのです。
(ちなみに、サークルレンズとは、瞳を自然に大きく見せるためのコンタクトレンズの事を言います)
その画期的な製品を実現させるために、ワンデーアイレリアル トーリックは、様々な工夫を重ね、作られています。

まず、「乱視が有ると、カラーコンタクトレンズや、サークルレンズが選べない」という常識を覆すため、
レンズの上下が薄くなる、「ダブルスラブオフデザイン」で、装用感や酸素透過性を損なうことなく、
乱視矯正が出来るという技法を用いていますが、
これは、トーリック面がベースカーブ側に有るため、レンズが回転しづらく、
視力が安定しやすいバックトーリック型と言われるものであり、
非常に着け心地が良い作りになっています。

また、ワンデーアイレリアル トーリックのデザインは、黒と茶のベーシックな2種類であり、
着色部分の隙間から、元の瞳の色が見えるデザインなので、瞳に自然に馴染むようになっています。

また、中心にかけて密度が薄くなるので、グラデーションがナチュラルで、本来の黒目との境界がくっきりしすぎないため、
とても自然に、瞳を大きく見せる効果が有ります。
そして、ワンデーアイレリアル トーリックは、他の製品の2倍以上の保水力が有るのですが、
これは、「MPCポリマー」という、うるおい成分を使用しているためです。
このように、様々な工夫により作られた ワンデーアイレリアル トーリックを、是非とも、一度お試し頂ければと思います。

長く生きるシャトー・ラトゥール

 シャトー・ラトゥールはあの有名な「五大シャトー」のひとつです。五大シャトーの中で最も“力強く男性的”であり“晩熟で長命”だと言われているようですね。
この晩熟で長命とは、長い熟成に耐えられるということです。二十年から三十年という長い単位でねかせて飲んだときにこそ、シャトー・ラトゥールの真価がわかるのだそうです。
どうやら五十年以上の熟成もできるようですよ。人生五十年と言われていた時代もあるというのに、本当に長命です。
今から熟成させると考えたら、今の私たちですら、一生に一度しか飲めない人が大多数です。
なんといいますが、しっかりとした、あるいは逞しいワインだなと感じるのは私だけでしょうか。
要塞として建てられた塔をシンボルにし、百年戦争を始めとした争いを乗り越えて、イギリスとフランスの間を行き来してきたシャトーです。
そのほかに、価値ある昔の手法を残しながらも、現代化を受け入れてきたということも、逞しいと感じる理由になっているかもしれません。
常に進化を続けるシャトー・ラトゥールは、いつだって成長を続けており、だからこそ今もなお世界中のワイン愛好家に愛されているのでしょう。
シャトー・ラトゥールは、私よりも年上のものがたくさんあります。それを知ると、ワインは生き物なのだなあと思ったりもします。
長く大事に保存して、いつかコルク栓を開ける時の気持ちは、もしかしたら、いとしい我が子を抱きしめる気持ちに似ているのかもしれませんね。