カテゴリー別アーカイブ: ボルドーワイン

ボルドーワインの基礎知識

ワインといえばフランス、フランスといえばワインそのように、フランスとワインとは密接に結び付いています。
そのフランスの中でも、特にワインの名産地として知られているのが、ボルドーです。ここでは、ボルドーワインの基本的な知識について、ご紹介します。

ボルドーは、フランスの南西部に位置している都市です。フランスには、ワインを格付けする独自の法律が存在していますが、ボルドーワインには独自の格付けが存在しています。
ごく簡単に言うと、「広い地域名の付くワインは格付けが低く、狭い地区名の付くワインは格付けが高い」というのが、ボルドーワインの特徴です。例えば、ワインのラベルに「ボルドー」とだけ書いてあったら、値段もお手頃で大衆向けのワイン、という事がわかります。そして、「シャトー・○○」という言葉が有りますが、この「シャトー」とは、ワインを醸造する私有地の事を言います。

ボルドーワインは、地域<地区<村名の順番で、格付けが上がって行きますが、ボルドーの中の地区名である、メドック地区の名を冠した、「シャトー・メドック」であれば、メドック地区のシャトーで醸造されたワイン、ですね。
そして、ボルドー産のワインの中でも、最高級なのは、村名を冠したワインで、「シャトー・マルゴー」というのも、最高級のワインとして知られています。
その他、細かく見れば、いくらでも語れるぐらい奥が深いのがボルドーワインですが、まずは上記のポイントをしっかり抑えておけば、意外と簡単、かもしれませんね。