月別アーカイブ: 2014年10月

ブルゴーニュワインについて

ブルゴーニュワインは、
ボルドーワインと並び称される、
フランス産ワインの、
世界的に有名な名産品です。
ブルゴーニュワインは、フランス東部の、
ブルゴーニュ地方で作られたワインの総称で、
フランス南西部のボルドー地方の名産品・ボルドーワインとは、
よく比較されますが、
実は、ボルドーワインとブルゴーニュワインは、
全くと言って良いほど、大きな違いが有ります。
まず、最大の違いといえば、
ワインの元になるブドウの使い方が違うのです。
ボルドーワインは、数種類のブドウを混ぜて、
ワインを作る事が多いのですが、
ブルゴーニュワインは、単一品種のブドウから作られる、という特徴が有ります。
赤ワインを比べてみると、
ボルドーワインは、ワインの色が濃く、
ブドウの味も強いのですが、
ブルゴーニュワインは、
ワインの色は若干薄く、ブドウの味も、
ボルドーワインに比べると、
やや弱い、という事が言えます。
しかし、ブルゴーニュワインは、
単一品種のブドウから作られるため、
その土地ごとのブドウの味の個性がハッキリ表れる、という事が、言われています。
次に、ボルドーワインとブルゴーニュワインとでは、
そのボトルに、大きな違いが有ります。
ボルドーワインのボトルは、側面が直線なのですが、
ブルゴーニュワインのボトルは、
瓶のくびれが大きく、
グラスに注ぐ際に、口に向けて、なで肩で作られています。
ブルゴーニュワインには、
シャンベルタン、ロマネ・コンティなど、
世界的に有名な品種が有りますが、
厳密に、その土地で作られたワインでなければ、その品種名を名乗ってはならない、という決まりが有ります。
いずれにせよ、ブルゴーニュワインは、味わい深い、
ワインの名産品である、というポイントは、押さえておきたいですね。