月別アーカイブ: 2014年12月

初めてのフルーツワイン

遠方にお嫁に行った友達が地元に帰ってきた数年前のこと。彼女は帰り際、商店街の土産物屋で、数本のワインを買いました。ブドウを使ったワインではなく、他のフルーツをつかったものです。
「それ、おいしいの?」
気になって尋ねると、彼女はわからないけど、と首をかしげます。
「一応限定品だからさ、お土産にいいと思って」
限定? そんなものがあるの?
調べてみると、地域によって変わったものはあるようです。みかん、ゆず、キウイ、りんごにももにさくらんぼ。ブドウ以外のものを原料に作られるそれらは、フルーツワインと呼ばれるようですね。
そのフルーツワインですが、私が初めて飲んだのはみかんのものでした。十年以上も前、それも当時それをお酒とは知らずに飲みました。口に入れたらふわっと広がるみかんの香りとお酒の味。
「お酒だ!」と言うと「みかんのワインだよ」と返されて、アルコールをほとんど口にしたことがなかった私は、そんなものがあるのかと驚いたものです。
「フルーツワインは残ったらゼリーにしてもおいしいよ。まあうちは残らないけど」
友達はそう言っていましたが、ゼリー……確かに美味しそうですね。でも我が家でも残らないと思います。甘くてお酒じゃない感じがするので、わりとするする飲めてしまいますから。
と今はすっかり……はまっているほどではありませんが、気が向くと買って飲んでいます。見た目もおしゃれなフルーツワイン。ワイングラスは常備していないので、普通のグラスで飲むのが我が家流です。