月別アーカイブ: 2017年5月

甘いシャンパンが進化して辛口に?

もうだいぶ前の話になるのですが、沈没した船から19世紀のシャンパン が発見されたそうですね。記事には暗い海底は素晴らしい貯蔵庫だった書かれていて、貯蔵? と驚きました。
それによると当時のシャンパンは今よりもかなり甘い物だったのだとか。私がとっさに思ったのは、保存のためかなということです。

発想の源は日本のおせち料理。日持ちするようにあえて甘く作られているのだと聞いたことがあります。しかし私の想像など、しっかりとした根拠があってのことではありません。本当はどうしてだろうと調べてみれば、その時代のシャンパンはもともと、デザートワインとして飲まれることが多かったのだとか。
高い糖度とアルコール度数を求められるデザートワインの代わりとなれば、今の三倍にもあたる甘さにも納得がいきます。

シャンパンが作られた経緯は、フランスの修道院の……という話で有名です。しかしその後の歴史について、私はほとんど知りませんでした。
最初は甘口として作られていたものの、その後は他のワインを含め嗜好は辛口へ。それに合わせて辛口シャンパンをつくるようになったら、それがまた世界で人気になった……のだそうですね。
なるほど、ワインも時代に合わせて変化しているということですか。今はちょっとお店に行くか、インターネットで検索すれば、いろいろなものが揃いますが、
これも先人の苦労と研究あってこそ。そう考えると、私たちは身を引き締めてワインを味あわないといけませんね。