【映画『裏窓』におけるワインの登場シーンについて】

ワイン最安値ショップがわかる通販サイトは?>>> お酒の格安ショップを調べる
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『裏窓』は、傑作として名高い作品ですが、

足を骨折し、自由に動けない主人公の男(ジェームズ・スチュワート)が、

自分が住んでいるアパートの窓から、

向かい側のアパートの人達の日常を、毎日何となく見ている内に、

やがて、とんでもない犯罪を目撃してしまう、というようなストーリーです。

そして、本筋とは関係無いようなエピソードも織り交ぜながら、映画は進んで行くのですが、

主人公の彼が、密かに「ミス・ロンリー」と名付けた女性は、

恋人も居らず、寂しい日常を送っていますが、

彼女は、自分で恋人が居ると仮定して、

食事を用意し、架空の相手に向かって、ワインを乾杯したりするのです。

主人公の彼は、そんな彼女に向かって、

自分で、ワインを持っている風にして、乾杯の仕草をしてみせますが、

そんな彼女は、寂しさに耐えかねて、泣き出してしまいます。

『裏窓』の中でも、とりわけ印象深い場面ですが、

相手も居ないのに、相手が居る風を装って、居ない相手に向かって、ワインを乾杯する彼女の心境は、いかばかりであったのでしょうか?

あの場面を見るだけでも、

ヒッチコック監督という人は、

人間の心理というものの洞察力に長け、

人情の機微の細やかさを、よく知っている人だなあと、感心してしまいますが、

だからこそ、数々の傑作を作り出す事が出来たのでしょう。

ちなみに、その後「ミス・ロンリー」がどうなったのかは、是非とも、実際に映画を見て、確かめてみて下さい。