『続けるための仕組み』を構築したライザップ

千葉県で痩せるパーソナルジムがわかるサイト>>> 千葉県 ライザップとパーソナルトレーニングジム10社のダイエット比較集
博士が教えるサプリメント選びと通販!

プライベートジムというものの存在を、ダイエットや体作りに縁のない人達に教えてくれたのは、間違いなくライザップでしょう。
これは理由に、テレビの宣伝効果や、有名人が体験していることがあげられます。しかしそれを見ても私は、その効果を疑っていました。
「もともと、運動が好きな人がやるものでしょう?」「芸能人は、ほかにもなにかやっているんでしょう?」と思っていたのです。
だから、自分の知り合いがライザップデビューをしたと聞いた時は、ずいぶん驚きましたね。
転職してデスクワークになったことと、生活習慣が関係して太ってしまった、とは言っていたけれど、だからといっていきなりライザップに行くなんて。
ジムがいいなら、そんなに高いお金を払って、厳しいトレーニングをしなくても、もっと初心者向けのところがあるだろう……。
本人には言えませんけどね、そう思ったのは事実です。
ただ、彼はやり切りました。運動が苦手なのにトレーニングをし、食べることが大 好きなのに、糖質制限をしたのです。
どうして成功できたのかと聞くと、彼は「ライザップは、『続けることができる仕組み』を作ってくれているんだよ」とのこと。
きついトレーニングも、強制的に無茶はさせないし、食事も面倒にならないようにレトルトが用意されていたり、デザートだってある。
だからできた、と言うのです。ライザップ、まったく見事なジムですね。宣伝や有名人効果だけではなく、人気となるには、それだけの理由があるのだと実感しました。

【看護師のアルバイトについて】

看護師の求人が一覧できる>>> 都道府県別の看護師求人募集【公的と民間転職】の一覧
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

看護師の求人にも色々な種類が有りますが、中には、正規雇用ではない求人という物も有ります。
単発や短期での、アルバイトの求人というのも、その一つですが、看護師のアルバイトの求人というのは、実は沢山出されているのです。
看護師の仕事は、激務だという事もあり、人の入れ替わりも多いので、急に欠員が生じたりして、人が足りなくなるという事も、間々あるようです。
そんな時に、急遽、欠員を埋めるため、単発や短期での看護師のアルバイトの求人が出されるわけですが、
ここで言う「単発」とは、1日~1週間程度の短い期間で働く事を指し、「短期」とは、長くても数ヶ月単位での勤務の事を指しますが、
そのような単発や短期での看護師のアルバイトの求人は、看護師の求人の中でも、最も多いのではないかと思われるほどです。

アルバイトの求人に応じる看護師の側としては、アルバイトで働くメリットとしては、
例えば、前の職場を辞めて、次の仕事を探しているが、なかなか見付からない時に、とりあえず、すぐ働けるという事や、
育児をしているので、常勤は無理だが、空いた時間に働きたいという場合、アルバイトというのは、それに打ってつけである、という事が挙げられるでしょう。

つまり、看護師のアルバイトは、求人を出す側と、求人に応じる側の、双方の利害が一致する場合が多いので、
これだけ沢山の案件が有る、という事が言えるかと思われます。
また、看護師のアルバイトの求人を探す時は、それに特化した求人サイトも沢山有りまので、
それらの複数のサイトに登録して、自分の求める条件に合った案件を探してみると良いでしょう。

このように、看護師のアルバイトの求人は、実に沢山の数が有りますが、
もし、正規雇用や常勤での求人を探しているという場合は、

やはり、そちらに特化した求人サイトも数多く有りますし、
先にも書いた通り、そのような仕事を探しているが、なかなか見付からないという際には、
やはり、アルバイトをしながら、次の仕事を探してみるというのも、一つの手段ではないでしょうか。

このように、看護師の仕事と一口に言っても、
実に様々な種類が有りますので、

アルバイトの求人も沢山有るのだなと念頭に置いておくだけでも、
仕事を探している看護師の側でも、選択肢は広がって行くというのは、間違いありません。

【帰って来たヨッパライ…ザ・フォーク・クルセダーズ誕生秘話】

1960年代後半、
ザ・フォーク・クルセダーズという3人組の音楽グループが、一世を風靡しました。
ザ・フォーク・クルセダーズは、1965年、加藤和彦が、雑誌で音楽仲間を募った際に、北山修がその呼び掛けに応じて、
北山の妹の自転車に乗って、加藤の自宅を訪ねた事が、その誕生のキッカケになりました。

当時、大学生だった加藤と北山の二人は、忽ち意気投合し、
やがて、他の学生音楽仲間の三人も加えて、5人組でグループを結成しました。

ザ・フォーク・クルセダーズは、アマチュアとして活動していましたが、1967年、その活動を終え、解散する事になります。
その解散を記念して、彼らが自主制作した『ハレンチ』というアルバムの中に、『帰ってきたヨッパライ』という、一風変わった曲が入っていました。
『帰ってきたヨッパライ』は、テープの、早回しのような、所謂ケロケロ声の歌で、東北弁の「オラ」という主人公が、
飲酒運転による事故で亡くなってしまい、天国に行った後、天国でも、やっぱりお酒ばかり飲んでしまい、神様に説教され、
天国を追い出された後、めでたく生き返る…という内容のコミック・ソングです。

お酒が大好きな「オラ」が、飲酒運転の事故で亡くなってしまったのに、天国でも、飲めや歌えの、お酒三昧で、
神様に呆れられて、追い出されてしまうという、人間の業のようなものを、面白おかしく歌っていて、一度聞いたら、忘れられないインパクトが有ります。
ちなみに、『帰ってきたヨッパライ』は、北山が、妹が勉強用で買っていた、学習教材用のテープレコーダーを使い、
メトロノームを使って、ギターを弾きながら、超スローなテンポで歌って録音したものを、後で早回しで再生し、あのケロケロ声の歌にした、との事です。

この『帰ってきたヨッパライ』は、ラジオで放送されたのを機に、何と、後にミリオンセラーとなる大ヒットをしてしまいました。
それを機に、加藤、北山と、アマチュア時代に活動していた三人が脱退した後に。はしだのりひが加入した三人組として、ザ・フォーク・クルセダーズはプロデビューしました。

ザ・フォーク・クルセダーズは、彼らの学生時代の終わりの一年間限定としてしか、プロでは活動しませんでしたが、
彼らの活動は鮮烈な印象を残し、今でも伝説のグループとして、語り継がれています。

甘いシャンパンが進化して辛口に?

もうだいぶ前の話になるのですが、沈没した船から19世紀のシャンパン が発見されたそうですね。記事には暗い海底は素晴らしい貯蔵庫だった書かれていて、貯蔵? と驚きました。
それによると当時のシャンパンは今よりもかなり甘い物だったのだとか。私がとっさに思ったのは、保存のためかなということです。

発想の源は日本のおせち料理。日持ちするようにあえて甘く作られているのだと聞いたことがあります。しかし私の想像など、しっかりとした根拠があってのことではありません。本当はどうしてだろうと調べてみれば、その時代のシャンパンはもともと、デザートワインとして飲まれることが多かったのだとか。
高い糖度とアルコール度数を求められるデザートワインの代わりとなれば、今の三倍にもあたる甘さにも納得がいきます。

シャンパンが作られた経緯は、フランスの修道院の……という話で有名です。しかしその後の歴史について、私はほとんど知りませんでした。
最初は甘口として作られていたものの、その後は他のワインを含め嗜好は辛口へ。それに合わせて辛口シャンパンをつくるようになったら、それがまた世界で人気になった……のだそうですね。
なるほど、ワインも時代に合わせて変化しているということですか。今はちょっとお店に行くか、インターネットで検索すれば、いろいろなものが揃いますが、
これも先人の苦労と研究あってこそ。そう考えると、私たちは身を引き締めてワインを味あわないといけませんね。

【イチローと「勝利の美酒」】

イチロー選手といえば、常にクールな印象が有ります。
イチロー選手は、野球のプレーで、多くの人を魅了する一方、マスコミに対するインタビューなどでは、あまり多くを語らず、感情を露にする事が、あまり無いので、
見る人に、イチロー選手はクールだという印象を与えている、という事も言えるでしょう。
しかし、そんなイチロー選手も、時として、感情を爆発させる事が有ります。
それは、彼の所属するチームが、優勝した時…祝勝会で、思いっきり勝利の美酒を味わう時、イチロー選手は、誰よりも大喜びし、思いっきり、歓喜に浸っていました。

イチロー選手が日本時代に所属していたのはオリックスでしたが、1995年、1月に発生した阪神大震災を乗り越え、
「がんばろう神戸」というスローガンを掲げ、オリックスが見事に優勝を果たした時、祝勝会のビールかけの際に、イチロー選手は、とにかく大はしゃぎで、
仲間達と、勝利の美酒に酔っていたのです。
それまで、イチロー選手のクールな姿しか知らなかった、多くのファン達は、祝勝会でのイチローの姿に驚くと共に、新鮮な印象を受けたものです。

オリックスは、翌1996年も優勝、日本一の座にも就き、その時もイチロー選手は、思う存分、勝利の美酒に酔いました。
その後、イチロー選手はアメリカ大リーグに活躍の舞台を移しましたが、彼が所属したシアトル・マリナーズは、イチローが移籍した初年度(2001年)こそ、地区優勝を果たしたものの、
その後はなかなか勝てず、低迷してしまいます。
そして、いつしかイチロー選手は、やはり、大リーグの舞台でも、クールで淡々としているという印象を残すようになっていました。
そんなイチロー選手が、感情を爆発させる姿を見せ、再び、人々を驚かせたのが、WBCの日本代表として、プレーした時です。
イチロー選手は、普段のクールな仮面をかなぐり捨て、チームリーダーとして、熱く侍ジャパンのメンバー達を鼓舞し、
そして、第1回(2006年)、第2回(2009年)の、侍ジャパンのWBC連覇に大きく貢献しました。
また、その祝勝会でも、イチロー選手は、勝利の美酒に酔い、大喜びしていたものです。
イチロー選手は、本当はクールなんかじゃなく、熱い魂を持った男だなあと感じさせる、勝利の美酒を味わうイチロー選手の姿が、私は、事の外、大好きなのです。